杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

十津川村 谷瀬の吊り橋

今回のご紹介は谷瀬の吊り橋です。
IMG_9871.jpg
これは日本最大の村、十津川村にかかる日本有数の長さの鉄線吊り橋です。
これは生活用にかけられた橋で、何回も橋が流された末に戦後すぐの頃、一戸あたり20~30万を村民が出し合って800万の吊り橋を完成させたそうです。すごいですね。

IMG_9872.jpg
しかも橋の管理も自分たちでされていて、係りの方が危険のないように誘導してくれています。

この橋、風があるとかなり揺れます。
また、人が渡る時の揺れも重なるとかなり怖いものでした。
IMG_9876.jpg

IMG_9873.jpg
これだけのものを無料で開放しているというのはすごいですね。



この日のお昼は2種類のお弁当を選べたのですが、2人が選んだのがモー太郎弁当。松坂駅一番人気の駅弁だそうです。
番外編3

松坂牛を使ったお弁当なのですが、容器の牛の顔がこわい。
番外編4

また、蓋を開けると光センサーが働いて、「ふるさと」のメロディーが流れるというもの。
これ、バスの車内で皆が開け始めるともーうるさい
番外編5






本日も皆様にとっていい一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

奈良県 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<熊野那智大社 その1 | ホーム | 熊野速玉大社 その4>>

コメント

牛の顔のお弁当容器・・・。
牛の瞳がつぶらで本当にちょっと怖いですね^^;
車内で皆が開けて「ふるさと」があちこちで鳴り出す光景が浮かんできて思わず噴いてしまいました☆
モーうるさい所にも可笑しさが込み上げてしまいました!
2013-06-25 Tue 07:59 | URL | コロポックル・よめ [ 編集 ]
ちょうどフタの内側に光センサーが仕込まれているので、開けたらすぐにフタを容器の下にかぶせれは、音は止むのですが、皆さんなかなかうまくいかなかったようです。
電子音の大合唱で、落ち着いて食べられなかったです。
2013-06-25 Tue 13:45 | URL | たっつん [ 編集 ]
バスの中 「 まったく モー v-237 」
でしたか v-17v-219
2013-06-25 Tue 18:54 | URL | ボス。 [ 編集 ]
もー ごかんべんって感じでした~。(笑)
2013-06-25 Tue 20:44 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。