杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

伊勢神宮 外宮 その2

昨日の記事の最後に、神宮に参拝できて感激もひとしおと書きましたが、実は内心は非常に焦っていたのです。

というのも、外宮で許されている時間が40分しかなく、そのうち10分弱を団体写真撮影に費やされているので、実質30分で参拝と式年せんぐう館を見てバスに戻らないといけなかったのです。

添乗員さんの話だと、別宮(別宮は御正宮の「わけみや」の意味にあたり、御正宮についで、崇拝される御宮であり所属宮社のなかでも重んじられている)まで見ていると時間がないということでしたが、私としてはせんぐう館を見られなくでも別宮だけは見ておきたいと思い、御正殿を見た後は急ぎ別宮へと向かいました。

別宮へ向かう方に亀石があるとのことでしたが、焦っていたのかどうしてもわかりませんでした。
伊勢神宮 外宮 風宮1
この写真のすぐ手前にあったようです。

御池です。
伊勢神宮 外宮 風宮2

別宮の風宮(かぜのみや)です。
伊勢神宮 外宮 風宮3

伊勢神宮 外宮 風宮5

伊勢神宮 外宮 風宮4

伊勢神宮 外宮 風宮6

伊勢神宮 外宮 風宮7

伊勢神宮 外宮 風宮8

伊勢神宮 外宮 風宮10

伊勢神宮 外宮 風宮11

伊勢神宮 外宮 風宮12
風宮の祭神は、風雨を司る神とされる級長津彦命と級長戸辺命(しなつひこのみこと、しなとべのみこと)です。
日本書紀では伊弉諾尊が吹きだした息から生まれたとされています。

農耕に適した風雨をもたらす神でしたが、元寇の際に神風を吹かせたということで、内宮の風神社と共に別宮に昇格したそうです。






本日も皆様にとっていい一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

三重県 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<伊勢神宮 外宮 その3 | ホーム | 伊勢神宮 外宮 その1>>

コメント

> 実質30分で参拝と式年せんぐう館を見て…

それは、大変な強行軍ですね。
以前僕が行った時は、小さな子供と年寄りと一緒だったのであまりのんびりともしていられなかったんですが、気づいたら2時間以上経っていました。
まさに「神々しい」ということばがぴったりの場所で、また行きたいなぁ、と思っています。
2013-06-11 Tue 23:37 | URL | ホシナ [ 編集 ]
強行軍でしたね。
大きな神社は、もっと時間をかけたいものですね。
…と言うか、かけないと、お参りできませんし。。。
2013-06-12 Wed 01:16 | URL | ジャズマンひろくん [ 編集 ]
ツアーなので、仕方のないところですが、本当にゆっくりとまわって見たかったです。
やっぱり杜の中はいいですねぇ。
2013-06-12 Wed 07:31 | URL | たっつん [ 編集 ]
本当に境内は広かったです。
ピンポイントで見る余裕しかなかったのが残念です。
2013-06-12 Wed 07:33 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。