杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東京十社巡り 神田明神

8月12日、東京十社巡り。
7社目は神田明神です。

過去記事はこちら。

御創建は天平2年(730年)
出雲系の氏族が大己貴命を祖神として祀ったのに始まる。
承平5年(935年)平将門の首塚が近くにでき、その後の疫病発生などが将門の祟りであるとし、将門を相殿神として祀るようになった。
神田祭は江戸3大祭りの一つで、山車が将軍上覧のため江戸城内に入ったので、「天下祭」と言われた。

御祭神は
一ノ宮に大己貴命(オオナムチノミコト)
二ノ宮に少彦名命(スクナヒコナノミコト)
三ノ宮に平将門命(タイラノマサカドノミコト)


地下鉄丸ノ内線、国会議事堂前駅から御茶ノ水駅下車。

12時58分に着きました。


社号標です。
神田明神1

鳥居です。
神田明神2

扁額です。
神田明神3

隋神門です。
神田明神4

神田明神15

狛犬さんです。
神田明神7  神田明神6

拝殿です。
神田明神5

神田明神11

本殿です。
神田明神12

石獅子です。
神田明神8

神田明神9

神田明神10

末社の狛犬さんです。
神田明神14  神田明神13


神田明神のそばには湯島聖堂があります。
こちらの屋根の上には鬼□頭(きぎんとう)・鬼龍子(きりゅうし)と呼ばれる守護獣が置かれていて、結構お気に入りなんです。
神田明神17

神田明神18

神田明神16




本日も皆様にとっていい一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

千代田区 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東京十社巡り 王子神社 | ホーム | 東京十社巡り 日枝神社>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。