杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新しいカメラバック

今回、ずっと欲しいなと思っていたカメラバックを購入しました。
ちょうど長男からヨド○シカメラの商品券を譲ってもらったので、だいぶ安くすんでよかったです。(お兄ちゃん、ありがとう)

こちらがそのバック。
カメラバック8
タイプとしてはメッセンジャーバックになりますでしょうか。

デジタル一眼と35mm一眼の2台がギューギューですが、収まるサイズです。
カメラバック7

今回のバックのコンセプトは「コンパクト」

とにかく神社巡りの際の荷物をできるだけ少なくしたいという思いで、最低限の大きさとしていくつか候補を絞りつつこちらに決めました。
デビューはまだなので、使い勝手はこれからになりますが、新しい相棒として活用していきたいと思います。


しかし、これだけではネタとしてさみしいなぁということで、歴代のカメラバックにも登場してもらいましょう。

神社巡りを始めた当初はこちらのショルダーバックを使っていました。
カメラバック1
この当時は、よくあるWズームを使用しており、機材も多かったですねぇ。

次に歩いて回るのに限界を感じ、スニーカーライト君(折り畳み自転車)で輪行(公共の交通機関で自転車を運ぶこと)するようになり、ショルダーバックでは危ないということでリュックタイプのこちらを使いました。
カメラバック2

このころズームレンズも、Wズームから一本で広角から望遠まできくタイプに替えていたのですが、その代わり超広角ズームを持ち歩いていたのでその交換の際にいちいちバックをおろさなくてはならず、面倒になってきました。

そこでサブバックとして購入したのが以前にもご紹介したこちらのウエストバック
カメラバック3

これは一見よさそうだったのですが、実際に腰にこれだけの重さのものをつけるとバランスが悪いのと腰痛を悪化させそうなので、あまり活躍しませんでしたね。

次に選んだのがスリングタイプのこのバック。
カメラバック4

これにより、超広角レンズや35mm一眼の方も出しやすくなりました。

しかし、標準仕様のレンズをさらに広角側に買い替えたのちは、超広角レンズの出番もすくなくなりました。
そのため、自転車で回っている際の背中のバックには35mmのみいれるようになり、その大きさが災いするようになってきました。

そこで、今回はとにかく小さいバックをということで、新しいバック購入ということに相成りました。

先代とはこれだけ大きさに違いがあります。
カメラバック5

カメラバック6

これで、荷物も少なくなり、疲れたからルート短縮という言い訳もしにくくなる…かな。




本日も皆様にとっていい一日となりますように。





スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

たっつんのモノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神社のDVD…なんだけど | ホーム | 仕事の前にプチ巡り>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。