杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狛った時にはこれを書け

よく、「困った時にはこれを売れ」などといって、親から子供に託される物の話しを聞きますよね。これは価値のあるものだから大事にしろ、それでもいよいよという時には金に換えろというものてすが、それって思惑通りになるのでしょうか?


私は、月ごとの神社巡り記事を中心にブログを書いていますが、その合間に挟む記事のネタ作りに、結構困ることがあります。
なるべく神社に即した話題をとは思うのですが、最近は単発で訪れる神社の数も減っており、ついネタ切れで脱線記事に走る事もしばしば。

この脱線記事。
パァっと閃く時はいいのですが、思考能力がワヤの時にはもうお手上げ状態。
そんな時に頼りになるのがとっときのネタ そう「狛った 困った時にはこれを書け」というやつです。

そして、そんなネタをいくつか暖っためている訳ですが、今年はネタに詰まって結構放出してしまいましたね~。

で、冒頭の質問。
とっときのネタは果たして本当にウケるのか。

これはもう一種の賭ですね。
本筋の神社記事でもそうですが、自分がこれはイケルかなというネタが全くダメだったり、これはあんまりだなぁと思うものが意外とウケたりで、お読みいただく皆様との感じ方の差が結構多いものです。

そんな中で、今年のとっておき記事でこれはいけたかもというのが、YOKOHAMA ラプソディー ファインダー越しに見えるもの 小学生の頃の話 あたりでしょうか。

それぞれに応援ポチ、コメントをいただきました皆様にお礼を申し上げます。


さぁーて、ストックが尽きないうちに、次のネタを考えなきゃ。



明日からは、年末年始プログラムとなります。
お楽しみに~!!




本日も皆様にとっていい1日となりますように。





スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

たっつんのモノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<杜を訪ねて 心に残った狛犬さんベスト | ホーム | もうすぐ折り返し>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。