杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狛犬データベース 出た!!!

さいたま市の神社巡りの途中ですが、閑話休題。


先日、ツイッターを見ていたら、

「狛犬データベース」

の文字に引っかかった私。

たどってみると… ありました!!

鳥取県立博物館が公開している

鳥取県の狛犬データベース

これ、すごいですよ。
鳥取県内の狛犬さんの写真や特徴だけでなく、年代・寄進者まで網羅されています。

このデータベース、鳥取県立博物館が作成し、調査員約100人が4年をかけ、県内約700組の石造狛犬を調査した労作で、県レベルの狛犬データベースの公開は全国初ということです。

個人様が作られている狛犬データベースはいろいろとありますが、自治体として狛犬さんのデータベースを作ろうと取り組まれていることに非常に感動しています。

(ちなみに個人様がやられているデータベースでお勧めなのが、
「神社探訪・狛犬見聞録」
こちらは、ご夫婦で日本だけでなく、海外の狛犬さんまでご紹介されているという凄いHPで、私も地方に旅行に行く時のプランニングの参考によく利用させていただいております。)


まだまだ調査途中ということですが、狛犬さんの写真の撮り方も後ろからのショットもあり、個人的には好きですねぇ。

他の自治体でもこのような取り組みをしていただけないものかと思っているのですが、いかがなものでしょうか。(難しいでしょうけれど…)


よく、日本で唯一スターバックスのない県はどこ?という話題になる鳥取県ですが、なんのなんの。

日本で唯一、狛犬データベースのある県として表彰したいなぁ。

ということで
表彰状

鳥取県 スゴイ!!



本日も皆様にとっていい一日となりますように。








スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

たっつんのモノローグ | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<多子稲荷神社(さいたま市大宮区土手町) | ホーム | 氷川神社(さいたま市大宮区高鼻町)  後編>>

コメント

鳥取県、おそるべし!
侮れませんね…
それを調べた、たっつんさんもすごい!
2014-06-01 Sun 13:48 | URL | シャイン [ 編集 ]
「調査員約100人が4年をかけ、県内約700組」
と、いうことは、「ここの神社に、こんな狛犬あるよ」
レベルではなく、相当詳しく調べてあるんでしょうね
(;゚∀゚)=3ムッハー
鳥居派の私も、ちょっとコーフン(笑)
2014-06-01 Sun 14:05 | URL | 猫舌=・ω・= [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

本当に鳥取県はすごいと思いました。
2014-06-01 Sun 17:43 | URL | たっつん [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

調査員全てが狛犬さんに興味があるとも思えないし、それでこれだけのものをなしえるというのは本当に大変だったと思います。

ぜひ、自分の住んでいる自治体でもやってくれないかなぁ。
2014-06-01 Sun 17:46 | URL | たっつん [ 編集 ]
こんばんは。狛犬見聞録様を拝見してきました。旅の参考になりますね!鳥取県のは表紙だけですが、これもすごい。

たっつん様の記事も同じようにとても素敵です。

郡部の神社では蜘蛛の巣との格闘になりますが、私も少しずつ拝見していきます。
2014-06-02 Mon 18:15 | URL | つねまる [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

これからの季節は蚊や羽虫などに悩まされる季節ですね。
熱中症にならないように気をつけてお巡りくださいませ。
2014-06-02 Mon 22:10 | URL | たっつん [ 編集 ]
あははは・・・鳥取県民として、これは誇れます!
スタバやセブンイレブンの必要性は特に感じておりませんしねw

2014-06-03 Tue 09:23 | URL | kenkenkids [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

本当に自治体でこれだけのものに取り組まれていらっしゃることが、凄いことだと思います。鳥取はまだ行ったことがないので、いつかは行ってみたいと思います。
2014-06-03 Tue 12:33 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。