杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

有楽稲荷神社(千代田区有楽町)

4月6日、22社目。

本日のご紹介は有楽稲荷神社です。
有楽稲荷(千代田区有楽町)10

有楽稲荷(千代田区有楽町)2
有楽町駅そばのビルの一角に鎮座しています。

鳥居です。
有楽稲荷(千代田区有楽町)3

扁額です。
有楽稲荷(千代田区有楽町)4

ご由緒書きです。
有楽稲荷(千代田区有楽町)1

手水鉢です。
有楽稲荷(千代田区有楽町)5

お社です。
有楽稲荷(千代田区有楽町)6

お社に対して大き目のお狐様です。
有楽稲荷(千代田区有楽町)8  有楽稲荷(千代田区有楽町)7

お供え物がきちんと供えられていました。
有楽稲荷(千代田区有楽町)9

と、ここで雨が降ってきました。
さて、最後まで周りきれるでしょうか?



本日の「あなたはだあれ」
有楽稲荷(千代田区有楽町)11
有楽町駅そばで見かけたこの塔。どこかで見たことがありませんか?
そう大阪万博の太陽の塔そっくり。
これはその4年前に作られた岡本太郎氏の「若い時計台」だそうです。




本日も皆様にとっていい一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

千代田区 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宝童稲荷神社(中央区銀座) | ホーム | 八官神社(中央区銀座)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。