杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大神社展に行ってきました

4月の神社めぐりの途中ですが、閑話休題。

昨日の12日、奥さんと上野の東京国立博物館で行われている大神社展にいってきました。
DSC01929.jpg

img010.jpg

最初は自分一人で行くつもりでしたが、国宝の七支刀(しちしとう)の展示が12日までということで、奥さんも一緒ということになりました。

残念ながら館内は撮影禁止(デジカメで撮ってた女の子が係りの人にメモリーを消されてましたね。)
それでも国宝・重要文化財の神宝がずらっと並んでいるのは壮観でした。


七支刀って実際に見てみると思ったより小さいという印象でした。
展示の為とは思うのですが、木の枠にはめ込まれた形で見せられたので何かイメージとは違う感じが強かったのかもしれません。人だかりがしていたので、やっと七支刀の展示だと気が付いたくらいです。


他の展示では神像が多かったのですが、最初の頃の神像はやはり仏教の影響を受けているように感じました。元来、神は形のあるものではなかったですからね。また、坐像がほとんどで(展示されていた中では)立像が少ないのが何か意味があるのだろうかと思いました。

各神社の縁起絵巻は俯瞰図として書かれたものが多かったのが、印象的でしたね。
古事記・日本書紀・延喜式神名帳は「おおーこれがっ!!」と感動しました。

他にもいろいろな展示がありましたが、私が一番魅かれたのはやはりこちら。
狛犬2

狛犬1
滋賀・若松神社からの平安時代の獅子・狛犬一対です。阿の何とも愛嬌のある顔、吽のおすまし顔。背中から見るとなめらかな曲線の中に流れるたてがみが表現されていて良かったです。
あちらこちらから眺めまわし、離れた場所からも「ほけらー」っとずっと見てました。

お土産コーナーでこのスタンプも見つけて購入いたしました。
狛犬3
ジンジャーグッズ(しょうがを使った商品)なんかもありましたね。


神社展を見終わって食事をしてから、湯島天神に長男の就職お守りをお返しに行き、お茶の水から帰ろうとしたら、前方に御神輿が。
DSC01932.jpg

神田明神の神田祭でした。
DSC01933.jpg

DSC01934.jpg

DSC01935.jpg

DSC01936.jpg

DSC01937.jpg

DSC01938.jpg

DSC01939.jpg

DSC01940.jpg

DSC01941.jpg

DSC01942.jpg

DSC01943.jpg

DSC01944.jpg

DSC01945.jpg

DSC01946.jpg

DSC01947.jpg

DSC01948.jpg

DSC01949.jpg

DSC01950.jpg

DSC01951.jpg

DSC01952.jpg

DSC01953.jpg

2年に1回のお祭りですが、2年前は震災の為自粛したので、4年ぶりとなったためか、だいぶ盛り上がっていました。



なんともアツイ1日でした。




本日も皆様にとっていい一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

神社・神話関係 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<慈恵稲荷神社(さいたま市浦和区常盤) | ホーム | 本太氷川神社(さいたま市浦和区本太)>>

コメント

わたしも5月末に東京へ行った際には、ぜひ東京国立博物館でこの展示を見たいと思います。
祭りの躍動感が伝わってくるお写真、ありがとうございます。
2013-05-15 Wed 19:19 | URL | 雨男博士 [ 編集 ]
なかなか見ごたえのある展示でしたよ。
ぜひたのしんでいって下さいませ。
2013-05-15 Wed 22:30 | URL | たっつん [ 編集 ]
福島在住の赤ベコです。
以前、町田市にすんでいて、
相模原市の神社が紹介されていて
嬉しくなりました。

ちょっと質問。URLをリンクしましたが、
中華街のこの狛犬は、
どんな意味なのかな・・・。

ではまたおじゃまします
2013-07-13 Sat 20:16 | URL | 赤ベコ [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。
狛犬は守護の役割の或る神獣ですので、中華街ですとお店を守るためと(商売繁盛の意図もあるかな?)とおもいます。 
2013-07-14 Sun 04:36 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。