杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神明神社(さいたま市南区関)

4月14日、30社目。

今回のご紹介は神明神社です。
神明神社(さいたま市南区関)5

こちらは古墳に立っているのですね。
神明神社(さいたま市南区関)3

神明神社(さいたま市南区関)4

鳥居です。
神明神社(さいたま市南区関)6

お社です。
神明神社(さいたま市南区関)7

神明神社(さいたま市南区関)8

扁額です。
神明神社(さいたま市南区関)9

ご由諸書きです。
神明神社(さいたま市南区関)10

神輿庫です。
神明神社(さいたま市南区関)11



こちらの神社に着く前。整地された後にポツンと残っているお社に出会いました。
神明神社(さいたま市南区関)1

神明神社(さいたま市南区関)2
屋敷神様だったのでしょうかね。





本日も皆様にとっていい一日となりますように。



スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

さいたま市南区 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<田島氷川社(さいたま市桜区田島) | ホーム | 須黒稲荷神社(さいたま市桜区西堀)>>

コメント

扁額も神社によっては
『神明神社』だったり『神明社』だったり。
色々なんですね♪
2013-05-29 Wed 00:41 | URL | ジャズマンひろくん [ 編集 ]
このブログでは、地図表記・扁額・社号標・ご由緒書きなどから、神社名を記しています。
時に間違いなどもあると思いますがご容赦を…。
2013-05-29 Wed 04:42 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。