杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

YOKOHAMAよ 最後まで突っ走れ

我がYOKOHAMAベイスターズ。

開幕から敗戦続きで4月が終わって借金11の最下位。いつもの指定席に沈んでいました。

慣れというのは恐ろしいもので、「まあ、こんなもんでしょう」 と思ってしまうのはいかがなものか。

なぁんて思っていたら、「あれ、今日も勝ったんだ」 「えっ、連勝じゃん」

あれよあれよと思ううちに、いつの間にか借金も返し、勝率5割にあと少しというところで、交流戦前の最終戦を終えました。

昨年、交流戦前に首位に躍り出た時には、「どうせ最後にはBクラスだよね」と思わせるまぐれ勝ちで、真の強さではなかったように感じていました。

現在はどうかというと、まず投手力が上がったことが今までと一番変わったところかなと思います。
YOKOHAMAの長年の課題が投手。
なかなかエースという人が育たず、結局毎年番長三浦頼り。

それが今年は先発ローテーションがフルソロットル。
井納、モスコーソ、石田、今永、砂田、山口と6人でローテーションを回せるのは非常に安定感があります。
先発が6~7回まで引っ張れることで中継ぎの負担がかなり少なくなっていますので、1年を通して中継ぎ崩壊も防げるかなと思います。
そして、いつの間にか左腕王国になっているのもびっくりですねぇ。
中継ぎは須田がいい仕事をしてくれています。
セットアッパーの三上は安心して8回を任せられますし、最初2年目のジンクスかなと思われた山崎もクローザーとして持ち直してきました。
私がこのチームを応援しだしてから、今が一番投手力が充実している時ではないかと思います。

そして、この投手力を支えるのがルーキー捕手の戸柱と、投手に内角を攻めさせるラミレス監督の分析力。
前年のパスボールの多さが減っただけでも、かなりの安定感がありますねぇ。

内野は1塁のロペスの存在は大きいのですが、それよりも今年はショートの2年目の倉本の成長が目を見張るものがあります。守備の人のイメージが強かったのですが、今年は打撃10傑に名を連ねる好調さで、内野の要になってくれました。

外野も筒香・梶谷が復帰し、桑原や乙坂、関根も育ってきています。

後は2塁と3塁をどうするかですが、2塁の石川が好調さを維持してくれて、新外国人のエリアンが3塁で打撃で頑張ってくれれば、かなり期待できるのではないかと思います。

心配な点としては、若い選手が多いのでここ大一番での踏ん張りが効くのか。
また、選手層の薄さは否めないので、主力がけがをしないことを祈るばかりです。

まず、毎年ボロボロになる交流戦を、ラミレス監督が言っているように5割でしのいで、初のCS進出を目指して最後まで突っ走って欲しいなぁ。
ぜひ1998の夢よもう一度。

ベイスターズ




本日も皆様にとっていい一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

たっつんのモノローグ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<遂に完結……そして新たな出発 | ホーム | 飯塚氷川神社(川口市飯塚)>>

コメント

勝っちゃうと、とても不思議な気持ちになる
ベイスターズって、
やっぱり魅力的です☆
私ももちろん、応援してます!
2016-05-30 Mon 12:13 | URL | シャイン [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

横浜ってイライラする試合が多いのですが、今年は先発が頑張ってくれているので、心穏やかにいられます。(笑)

1998の夢をもう一度見たいものです。
2016-05-31 Tue 04:46 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。