杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)

2日目、本日のご紹介は加賀の潜戸(くけど)です。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)54
潜戸とは洞窟のことで、遊覧船で旧潜戸と新潜戸をめぐることができます。

乗船場にはこのような看板が出ています。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)53
佐太の大神の神話の地でもあります。

いいお天気の中、飛んでいるのはトンビでしょうか。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)4

こちらは旧潜戸です。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)8

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)9

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)10

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)12

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)13

こちらの右手奥には賽の河原があります。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)14

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)15

次に船が向かったのが新潜戸です。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)21
この洞窟の中で枳佐加比売命(キサカビメノミコト)が佐太の大神をお生みになったところだそうです。


西の入り口を入るとすぐ左手上に鳥居が見えます。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)25

先に見えるのが東の入り口ですが、北の入り口もあるため、洞内は思ったよりも明るかったです。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)29

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)30

天井には巨大な穴が開いています。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)33

洞内にある地層が古さを物語っています。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)35

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)34

東の入り口を出るときに、上から「お乳の水」が滴り落ちてきて、それを乳のでない女性が飲むとお乳が出るようになるそうです。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)32

洞内を出るとその先に見えるのが烏帽子岩です。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)37

これは象岩です。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)41

これが的島です。(ぶれてしまってすみません)
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)43

母神が大切にしていた弓をなくしてしまい、神に祈りました。流れてきた金色の弓矢を佐太の大神が「闇き窟かな」と射ると東口から光が差し込んだため、「ああ、かがやけり」と申され、この地を加賀と呼んだそうです。

その時、射た矢がこの島まで届き穴をあけ、その後も大神が矢の練習をしたので、的島と呼ばれるそうです。

潜戸内から見た的島です。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)57

最後に遊覧船が西の入り口に戻ると、入り口から一直線に的島まで見えました。
加賀の潜戸(松江市島根町加賀)58

加賀の潜戸(松江市島根町加賀)52








本日も皆様にとっていい一日となりますように。



追記
今日はこれから9月の神社巡りに行ってきます。
3か月ぶりのスニーカーライト君の出動です。
天気に恵まれますように。

スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

島根県 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大﨑神社(松江市島根町大芦) | ホーム | 加賀神社(松江市島根町加賀)  後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。