杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

純子稲荷神社(中央区日本橋茅場町)

4月6日、12社目。

本日のご紹介は純子稲荷です。
「お社どーこだ」

画像の上にマウスを置くと答えが出ます。

鳥居です。
純子稲荷(中央区日本橋茅場町)2

手水舎です。
純子稲荷(中央区日本橋茅場町)3

扁額です。
純子稲荷(中央区日本橋茅場町)4

お社です。
純子稲荷(中央区日本橋茅場町)5

扁額です。
純子稲荷(中央区日本橋茅場町)6

ご由緒書きです。
純子稲荷(中央区日本橋茅場町)7





本日も皆様にとっていい一日となりますように。



スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

中央区 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<日比谷稲荷神社(中央区八丁堀) | ホーム | 増上寺と江戸東京博物館に行ってきました。>>

コメント

純子稲荷。
素直に「じゅんこ」と読んでいいんでしょうか。
そういえば、稲荷神社は「源九郎」だの「芳兵衛」だの、
姓じゃなくて名前の方がついてるの、ちょくちょく見ますよね。
2014-05-12 Mon 18:30 | URL | 猫舌=・ω・= [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。  

これは「じゅんこ」でいいようです。こちらでは田中稲荷というのを時々見かけますよ。
2014-05-12 Mon 20:35 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。