杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

昼飯のひととき

今日は記憶に残る飲食店のお話しを…。

私は外回りの仕事なので、昼飯は外出先でとるようになるのですが、ルートを回る中でどうしても寄る店は決まってきます。(と言うか、新規の店への冒険ができない小心者です。)

まあ、味の良し悪しもありますが、店員さんの雰囲気が良くないところは、たとえ美味しくとも行かなくなりますね。

その逆に雰囲気のいい店員さんに出会えると、それだけで幸せな気分になることができます。

そんな中で今も記憶に残る1軒が、品川区の旗の台駅のそばにあった、お世辞にもきれいとは言い難い定食屋。
そこは夫婦2人でやっている店で、ご主人はお客さんと競馬の話しをしたり、タバコを吸ったりと個人的には苦手なタイプでした。
今から20年近く前の事ですが、当時この近くの取引先に毎週行っており、周りは全て敵だらけという状況の中での仕事でしたので、そこに行く前に食事に寄る私は相当暗~い顔をしていたと思います。
そんな私に、ご主人は特に何を言うわけでもありませんでしたが、行く度に笑いかけてくれて、お会計の時にも気持ちよく送り出してくれました。今思うとあれが一服の清涼剤となって、あの四面楚歌の状況を何とか乗り越えられたのかなと思っています。
3年ほど前の神社巡りの際にこの近くを通りかかり、記憶を頼りにぐるぐると捜してみたのですが、残念ながらあのお店は痕跡もなくなっていました。



そしてもう一軒は、所沢市にある某サイ○リア。
ここも今からだと10年位前になりますが、ここにいた女性スタッフの方が非常に印象に残っています。
その方のすごいところは、来店を知らせるチャイムか聞こえると、店内全部に聞こえる通る声で「いらっしゃいませ。少々お待ちくださいませ。」と必ず声をかけるんですね。
また、私は1人なので2人席で充分なのに「あいにくお席(4人席)が一杯で、こちらの席(2人席)で申し訳ございません。」と言ってくださり、4人席があくと「こちらにお移りになりますか?」とまで気を使ってくださいました。何か特別扱いをされているという訳でもなく、自然に応対してくださるので、居心地がすごく良かったですね。
ここも担当エリアが変わってしまって、もう行くこともなくなってしまいました。



さて最近はというと、なかなかこのように気持ちよく過ごせる空間を見つけられずにいます。
このところ仕事も立て込んでいて、昼もゆっくりできない事も多いですが、気分転換の為にも、いっそのこと思いきって新規開拓でもしてみましょうか。





本日も皆様にとっていい1日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

たっつんのモノローグ | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。