杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夏越の祓

今日、6月30日で今年も半分が過ぎようとしています。

この日を夏越の祓(なごしのはらえ)といい、半年の間に溜まってしまった「罪穢れ」を祓い清めて、次の半年の清浄と安泰、無病息災を祈願します。

神社によっては茅の輪や形代(かたしろ)を準備しているところもあります。
熊野神社(横浜市鶴見区寺谷)10

茅の輪神事は、素盞鳴尊(すさのおのみこと)が旅の途中で宿を頼んだ時、裕福な巨旦将来(こたんしょうらい)のところでは断られましたが、その弟の貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)のところでは暖かくもてなしてくれたところから、悪い病気が流行ったら茅で輪を作り、腰につけていれば病気にならないといったとことから、始まったといわれています。

日々の罪穢れを禊によって清めるというのは、神道の清浄さを保つための大事な行いですね。

私も半年分の穢れを祓って、さあ明日から再スタートだ!!



明日より、6月の神社巡りをスタートします。

今回は神社巡り初めての土地です。
さて、どんな狛犬さんに出会えるのでしょうか。




本日も皆様にとっていい一日となりますように。






スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

たっつんのモノローグ | コメント:8 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。