杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

東大寺南大門(奈良市水門町)……の狛犬さん

奈良1日目、2箇所目のご紹介は東大寺南大門の狛犬さんです。

寺号標です。
東大寺南大門(奈良市水門町)1

南大門です。
東大寺南大門(奈良市水門町)2

東大寺南大門(奈良市水門町)3

そしてこちらは歴史の教科書などでもお馴染みの仁王様。
東大寺南大門(奈良市水門町)5  東大寺南大門(奈良市水門町)4
でも、今回の私の目的は仁王様の裏側にいます。

南大門の裏側にいる狛犬さん。
東大寺南大門(奈良市水門町)10  東大寺南大門(奈良市水門町)6

東大寺南大門(奈良市水門町)11  東大寺南大門(奈良市水門町)7

東大寺南大門(奈良市水門町)12  東大寺南大門(奈良市水門町)8

東大寺南大門(奈良市水門町)13  東大寺南大門(奈良市水門町)9
この狛犬さん、わが国最古の石像石獅子(重文)です。
重源による鎌倉初期の東大寺復興造営の折、来朝した宋人石工「伊行末」(いぎょうまつ)の作で、その石材も宋から取り寄せられたものだとされています。

吽の方はこのように斜めに傾いでいます。
今までに見たことはあったと思うのですが、意識してまじまじっと見たのは初めてでした。写真で見る印象からは思ったよりは小さいんだなというものでした。

この辺りにいる人の中で、南大門でも仁王様でも、ましてや鹿さんでもなく、更に大仏殿に立ち寄ることもなく、狛犬さんを撮って立ち去るのは私くらいでしょうか(笑)

次の神社に向かう途中で転害門を見かけました。
東大寺南大門(奈良市水門町)14





本日も皆様にとっていい1日となりますように。



スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:学問・文化・芸術

奈良県 | コメント:4 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
<<奈良豆比古(ならつひこ)神社(奈良市奈良坂町奥垣田) 前編 | ホーム | 氷室神社(奈良市春日野町)>>

コメント

こんにちは、いつも狛犬様ありがとうございます。
東大寺南大門の吽形は口を開いてるように見えますが、これで閉じているのですかね?。
2016-07-28 Thu 19:35 | URL | ミカン25929 [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

吽型は顔にだいぶ破損があるため、確実には言えませんが、残っている形を見ると開口だと思います。
必ずしも阿吽の組み合わせだけでなく、阿阿や吽吽のパターンもあり、阿吽の並びが逆の事もありますよ。
2016-07-28 Thu 20:20 | URL | たっつん [ 編集 ]
こんばんは。お邪魔します。
阿吽様とも胸がずーんとそっていて、
吽様が阿様の方に傾いている姿勢が失礼ながら何か微笑ましい感じが。。
日本最古の石像石獅子さま、
いつかお会いしたいなーと思いました(#^^#)
2016-07-28 Thu 23:29 | URL | おきまちあき [ 編集 ]
コメントをいただきありがと ございました。

傾いている方の吽ですが、実は雄の方なんです。
相方の牝に依存している感じはまるで誰かみたい…
(うっ、墓穴を掘っちまった。)
2016-07-29 Fri 06:39 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。