杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)

4日目、2社目。

本日のご紹介は布宇(ふう)神社です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)1

社号標です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)2

階段を登っていきます。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)3

狛犬さんです。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)8  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)4

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)9  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)5

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)10  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)6

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)11  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)7

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)12

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)13

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)14

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)15

ご由緒書きです。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)16

鳥居です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)17

扁額です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)18

狛犬さんです。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)20  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)19

隋神門です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)21

手水舎です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)22

燈籠の上にずいぶんと大きな狛犬さんがいます。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)36

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)37

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)24  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)23

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)26  布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)25

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)32

拝殿です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)28

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)29

本殿です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)30

末社です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)31

舞殿です。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)27

先代の狛犬さんです。
布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)35

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)33

布宇(ふう)神社(松江市玉湯町林)34




本日も皆様にとっていい一日となりますように。





追記

昨日の遭難(?)記事では、多くの方にご心配をしていただき、誠にありがとうございました。
神社巡りの途中で果てるのはある意味本望と思ってはいたものの、実際にその場になって見るとそう達観できないものだなぁと感じました。

これからと気をつけて神社巡りを楽しみます。

スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

島根県 | コメント:4 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
<<万九千(まんくせん)神社(出雲市斐川町併川) | ホーム | 金比羅宮(松江市玉湯町玉造)>>

コメント

島根は本当に不思議がいっぱいな感じがします。
狛犬さんたちも、雰囲気が違うみたい…
スマホ事件の時には本当に励ましのコメントをありがとうございます!
ご自身も、カラス天狗様のエジキ?に!?なりながら、励まして下さって…
嬉しいです!
島根ワールド、まだまだありそうなので楽しみです♪
2015-09-25 Fri 14:48 | URL | シャイン [ 編集 ]
お邪魔します、
何とも趣のあるところですね。
狛犬も堂々と頼もしい出で立ちですね(^_^)
2015-09-25 Fri 21:43 | URL | ジャム [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

島根は出雲式狛犬さんのオンパレードで、いつも見る江戸の狛犬さんとはまた違った趣がありました。また、この地では先代を非常に大切に残しているところも印象に強く残っています。

今回の島根旅、いよいよ佳境です
あと少しお付き合いくださいませ。
2015-09-26 Sat 04:35 | URL | たっつん [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

燈籠の上の狛犬さんで、これだけ大きなのが乗っているというのも非常に見ごたえがありましたよ。

階段が結構きつかったけれど、その疲れを吹き飛ばしてくれました。
2015-09-26 Sat 04:38 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。