杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

大蔵庚申神社(世田谷区大蔵)

3月15日、6社目。

本日のご紹介は大蔵庚申神社です。
大蔵庚申神社(世田谷区大蔵)1
ただ、このように個人宅の敷地内に有り、最初は屋敷神かなとは思うものの、地図にも載っているしなぁと判断に迷いました。

私の望遠だとこのくらいが精一杯。
大蔵庚申神社(世田谷区大蔵)2

結局敷地の裏にまわっても中には入れずじまいでした。
大蔵庚申神社(世田谷区大蔵)3

大蔵庚申神社(世田谷区大蔵)4


本日のおまけ
不定期コラム ジンジャー・ナンジャー 6

神社というのは一体全部で何社あるのでしょうか。
古代から中世にかけては正式な数の把握は難しいようですが、鎌倉時代の資料には1万3千7百社と述べられており、ほぼ1郷1社に相当するようです。その後、新田開発によりその数も飛躍的に伸びたようです。
明治の神仏分離の中で、神社数の統計が取られるようになり、最初は5万社ほどだったのが調査が進むにつれて増加し、明治35年には19万6398社ともっとも多い神社数を数えることとなります。
その後、明治末の神社合祀により年々数は減少し、終戦時には10万9733社となり、昭和21年、神社本庁が設立してその際に所属した神社数は8万721社でした。


to be continued




本日も皆様にとっていい1日となりますように。



スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

世田谷区 | コメント:4 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
<<横根稲荷神社(世田谷区大蔵) | ホーム | 三峯神社(世田谷区砧)>>

コメント

不思議不思議!
昔は、道があったのでしょうか?
古い町並みは、公図を見ても
原状とは全く違っている
ところが多くて…
ここもそうなのでしょうかね…
2015-04-07 Tue 10:13 | URL | シャイン [ 編集 ]
1枚目の写真の正面の階段を上がっていったのですが。。。
参拝できないようになってしまったのですかね。

上には、年不詳の青面金剛がいらっしゃいました。
狛犬は。。。ごめんなさい、覚えてません。
2015-04-07 Tue 23:48 | URL | HIROSE99 [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

多分、昔はそうだったんでしょうねぇ。
今はどう見ても個人の敷地内にある感じでした。
2015-04-08 Wed 04:33 | URL | たっつん [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

いえ、あのまま入っていけば、参拝できたと思います。
ただ、何となく入りにくくてそのまま断念してしまいました。

狛犬さんが見えていたら、行っていたと思いますが(笑)
2015-04-08 Wed 04:36 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。