杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

神明宮(府中市四谷)

1月11日、17社目。 

本日のご紹介は神明社です。
神明宮(国立市谷保1

お社です。
神明宮(国立市谷保2

神明宮(国立市谷保4

扁額です。
神明宮(国立市谷保3

本殿です。
神明宮(国立市谷保5





本日のおまけ
不定期コラム 
ジンジャー・ナンジャー 4 杜(もり)について

当ブログのタイトルにも使っている杜(もり)。森とも混同されるが、神霊の降臨する聖地という意味を持ち、万葉集には神社を「もり」と読んでいる歌もあるそうです。(社をもりと読むこともあるそうです)
このように神聖な場所は一種の禁則地でもあり、人が立ち入らない為に自ずと樹木が茂り、鎮守の森になっていったようです。

to be continued



本日も皆様にとっていい1日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

府中市 | コメント:0 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
<<上之島神社(府中市四谷) | ホーム | 間嶋神社(府中市住吉町)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。