杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

YOKOHAMA ラプソディ

「白獅子・黒狛犬」では時々ネタにしているので、ハハァーンと思われる方もいらっしゃると思うが、私は横浜を本拠地としているプロ野球球団のファンである。

しかしなぜDeNA ベイスターズと書かないかと言うと、私にとってはあのチームは横浜ベイスターズなのであり、もっと突き詰めて言うと横浜大洋ホエールズだからなのである。

ある意味、私の中では1998年のあの衝撃以来、「横浜」という2文字が外せないものになってしまっているんだろう。

話しはもっと遡るが、小さい頃の私は巨人ファンであった。というか当時、東京在住であったからには、売っている野球帽は全てYG マーク、野球漫画といえば「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」 テレビ中継も巨人戦のみとなれば、自然そうならざるを得なかった。

そんな時代、なぜか2番目に好きだったのが横浜がつく前の「大洋ホエールズ」
決して強くはなく(と言うより弱い)当時は川崎が本拠地だったので地元でもないのだが、元来判官贔屓なところがあり、あの緑と黄色のユニフォームが印象的で、なんとなく好きだった。

そんな私が巨人ファンを辞めたのはあの「江川事件」
子供心にも、無理を通せば通り引っ込むではないが、こういうことが許されていいのかと憤り、アンチ巨人、というより「何でも欲しがるW オーナー」が大嫌いになり、自然それまで2位だったホエールズが贔屓チームになった次第である。

しかし、この大洋ホエールズ、応援すれどもいかんせん弱い。
巨人戦以外はテレビ中継もないので、ラジオを聞きながら応援するのだが、ノーアウト満塁で点が入らないとか、相手にポカスカとホームランを打たれるはで、毎度胃の痛くなる試合をやってくれる。

そんなホエールズファンを続けている間に、チームの名称は横浜大洋ホエールズ(あまりにも弱くて相手に勝ち星を与えてしまうものだから横浜大洋銀行なんて揶揄されたっけ)そして横浜ベイスターズと変わるものの、この状況は変わらず。オープン戦(もしくはオールスター)までは調子良いのだが、そのあとはズルズルと負けがこんで、シーズンの最後はいつもの指定席に落ち着いてしまう。



そんな状況のまま応援を続けて○十年、ついにあの年を迎える。
そう忘れもしない1998年。
この年の横浜はとにかく強かった。
ホームランの一発というのは少ないものの、打線の上位から下位まで切れ目なく安打を重ねるその攻撃はマシンガン打線と言われ、それまでの凡退の繰り返しは一体何だったの?と言うくらい点数を積み重ねていく。

最初のうちは、「まあもってもオールスターまでだろうな」と思っていたらあに図らんや、順位を落とすことなく、勝ち続けていくチームに、もしかしたらひょっとしてひょっとするかもという期待は膨らんでいく。

1番 ショート    石井琢
2番 センター    波留
3番 レフト     鈴木尚
4番 セカンド    ローズ
5番 ファースト   駒田
6番 ライト      佐伯(中根)
7番 キャッチャー  谷繁
8番 サード     新藤
9番 ピッチャー

これが当時のベストメンバー

ピッチャーには
先発に野村、斎藤隆、三浦、川村、戸叶
中継ぎに島田、阿波野、五十嵐、河原
そして抑えには大魔神佐々木。

元来投手力の弱いチームではあるが、先発がある程度まで試合を引っ張り、中継ぎで小刻みにリレーし、8回までに勝ち越していれば、後は絶対的な守護神である大魔神で勝利の方程式。
それほど佐々木の存在は大きかった。

横浜駅の地下街には大魔神神社まであった。(おおっ!! やっと神社ネタだ)残念ながら参拝したことはなく、現在は佐々木の故郷の仙台市内のお寺に祀られているらしい。

当時のメンバーで好きだったのが石井琢郎。堅実な守備力とチームリーダーとして全体を引っ張っていく姿が頼もしかった。(最後はいろいろとあって横浜から広島に移ってしまったのは、返す返すも残念である。あんな事がなかったら横浜生え抜きの監督にもなれただろうに)

また、今でも横浜の助っ人外国人No.1と思っている、ローズ。豪快なホームランの魅力は少ないものの、ここぞという時にキッチリと決めてくれる安心感はまさに4番打者にふさわしかった。

あの時は、今のベイスターズと違って、いい意味で不動のメンバーだったのだなと思う。自分の中では日本シリーズ優勝の時よりも、リーグ優勝のあの最後のバッターを打ち取った瞬間が最高だった。最後は奥さんも一緒にテレビを見ていたのだが、その後は「勝った」という言葉しか出ず、燃え尽きてしまったことを覚えている。



そして、ついに日本一に!!



そして、あれから早や16年。
途中で親会社がTBS に変わった時は、マスメディアの力を利用して、もっといろいろフォローしてくれるのかと思ったものの、期待通りにはならず。そして頻繁な監督交代劇の点も、体質が変わらず。

あの当時のメンバーで、チームに在籍しているのも番長三浦だけになってしまった。


やはり選手を育てようという意識が低く、そのために選手自身のプロ意識も低いのが、横浜が低迷している一番の理由なのではないかと感じている次第である。

現に横浜から他球団に移った後に活躍する選手が、残念ながら多い事が、この点を裏付けているであろう。

その後、身売り話しが浮上してはポシャッた混乱期を経て、DeNA が親会社になるのだが、なぜ、「横浜」の文字を消してしまったのか、私には腑に落ちない。

他にもいろいろ言いたい事もあるのだが、それでもファンであることには変わりなく、今の望みは私が元気なうちにもう一度優勝の喜びを味わせて欲しいということだけである。


コップのベイ男
コップのベイ男



今日は神社ネタでもないのに、最後までお付き合いいただいた方には感謝感謝。あまりにも気持ちがエキサイトしたため、いつもと文体まで違っていることをお詫び申し上げる。




本日も皆様にとっていい1日となりますように。


スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

たっつんのモノローグ | コメント:8 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
<<「狛犬の佐助 迷子の巻」 (おすすめ本) | ホーム | 神明神社(幸区戸手本町)>>

コメント

期待通りの、脱線!!!
私も全く同感ですのよお~~
いや~たっつんさんが、『横浜』ベイスターズファンとは…
いつもの指定席でもいいんです。
何となく、横浜なんです。
TBSは横浜の空気に合わなかったのです。
TBSからDeNAになっ時もまた…って思ったら
案外、チャライ感じが戻ってきたぞ!
そして、横浜スタジアムに行くと
あのスタンドに、いつまでも横浜大洋ホエールズの文字が…消えない思い出になっている感じがするのです。
わ~、嬉しいな☆たっつんさん、ありがとうございます!!
いえ~~い♪
2014-08-31 Sun 11:35 | URL | シャイン [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

あの1998年、にわか横浜ファンが出てきたのにはちょっと閉口しましたが、ファン歴もここまで来ると腐れ縁のようなものですね。

今年は、あとちょっとでCS進出できるかというところですが、筒香が間に合うかなぁ。
2014-08-31 Sun 12:05 | URL | ネガタッツン [ 編集 ]
こんばんは🎵
最初から最後まで全部読みましたよ。
私は野球には詳しくないですが、
たっつんさんのチームを想う熱意が
伝わって来ました。
そんなに熱く応援出来るものがあるって
いいですね(^^♪
2014-08-31 Sun 18:58 | URL | 55スマイル [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
熱狂的なファンというわけではありませんが、長ーい付き合いですね。
これからも応援したいと思います。
2014-08-31 Sun 19:18 | URL | ネガタッツン [ 編集 ]
僕も子供の頃はご多分に漏れず巨人ファンだった訳ですが、ある日、川崎にあった地味な弱小球団が地元にやって来たので、応援し始めました。
それにしても不思議な球団で、最多勝、セーブ王、首位打者、盗塁王…等々多くのタイトルホルダーを輩出しながら一向に勝たないという…。
そういえば、スーパーカートリオなんてのもありましたね。面白かったですけど、それじゃ勝てないですよね。
石井琢朗を放出したあたりから見なくなってしまったので、最近のことは知らないんですが…。
2014-08-31 Sun 22:59 | URL | ホシナ [ 編集 ]
はじめまして。いつも狛犬を楽しみに拝見しています。

たっつん様がベイ・ファンだと知って思わずコメントさせて頂きます(笑)。

上記された当時のスタメンを見て、たそがれてしまいそうな自分がいます。98年のベイは最高のチームでしたよね。
2014-09-01 Mon 00:20 | URL | Easy Music Reviews [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

やはり石井琢朗を出したのは先を見通せない首脳陣の最大の過ちなんじゃないかと思っています。

スーパーカートリオ… 故加藤博一さんも好きな選手の一人でした。
2014-09-01 Mon 06:43 | URL | たっつん [ 編集 ]
コメントをいただきありがとうございました。

横浜ファンが思ったよりいて、ちょっと驚いている次第です。

98年のチーム、本当に最高でした。
個性的な選手が多かったと思います。
2014-09-01 Mon 06:47 | URL | たっつん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。