杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

伊勢神宮 内宮 その6

伊勢神宮 内宮の最後です。

宇治橋に戻る途中にあった外御厩です。
伊勢神宮 内宮65

伊勢神宮 内宮66
残念ながら神馬はいらっしゃいませんでした。

所管社の大山祇神社と子安神社です。
伊勢神宮 内宮68

伊勢神宮 内宮67

手水鉢です。
伊勢神宮 内宮69

大山祇神社です。
伊勢神宮 内宮70

伊勢神宮 内宮72

伊勢神宮 内宮71

子安神社です。
伊勢神宮 内宮73

伊勢神宮 内宮74

宇治橋へと戻ってきました。
伊勢神宮 内宮75

伊勢神宮 内宮76

さて、おかげ横町へときましたが、時刻は5時近く。
伊勢神宮 内宮77

伊勢神宮 内宮78
添乗員さんも言っていたのですが、ここは5時でみんな閉めてしまうということで、ほとんどが片付けの最中でした。

最後に鳥居を眺めつつ、内宮を後にしました。
伊勢神宮 内宮79



1日目はこれでおしまい。

初の神宮は、慌しい参拝でしたが、やっぱり来てよかったです。

でも、内宮の別宮の月讀宮(つきよみのみや)、瀧原宮(たきはらのみや)、伊雑宮 (いざわのみや)、倭姫宮 (やまとひめのみや)
外宮の別宮の月夜見宮(つきよみのみや)

そして、二見興玉神社(ふたみたまおきじんじゃ)

などなど見たいところはまだまだあったのですが、ツアーなのでしょうがありません。





本日も皆様にとって言い一日となりますように。




スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

三重県 | コメント:2 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

伊勢神宮 内宮 その5

伊勢神宮 内宮 本日のご紹介は風日祈宮(かぜひのみのみや)です。

風日祈宮橋を渡っていきます。
伊勢神宮 内宮56

伊勢神宮 内宮57

手水舎です。
伊勢神宮 内宮64

伊勢神宮 内宮60

伊勢神宮 内宮59

伊勢神宮 内宮58

伊勢神宮 内宮63

伊勢神宮 内宮62

伊勢神宮 内宮61
こちらの御祭神は外宮の風宮と同じく、風雨を司る神とされる級長津彦命と級長戸辺命(しなつひこのみこと、しなとべのみこと)です。

不思議なのはこちらのお社の隣にある小さなお社を撮ったはずなのですが、後でチェックすると写っていないんです。おかしいなぁ。






本日も皆様にとっていい一日となりますように。




テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

三重県 | コメント:2 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

伊勢神宮 内宮 その4

伊勢神宮内宮、本日のご紹介はまず外幣殿(げへいでん)です。
伊勢神宮 内宮45

伊勢神宮 内宮46

外幣殿から忌火屋殿を望む。
伊勢神宮 内宮47

次のご紹介は別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)です。
伊勢神宮 内宮48

伊勢神宮 内宮50
ご祭神は天照大神の荒魂である天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)でいらっしゃいます。

伊勢神宮 内宮52

伊勢神宮 内宮53

伊勢神宮 内宮49

伊勢神宮 内宮54

伊勢神宮 内宮55


ここも新しいお社が建てられつつあるところでした。





本日も皆様にとっていい一日となりますように。



テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

三重県 | コメント:0 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

伊勢神宮 内宮 その3

内宮の続きです。

さらに進むと新しい御正殿の屋根が見えてきました。
伊勢神宮 内宮34

新しい御贄調舎(みにえちょうしゃ)です。
伊勢神宮 内宮35

新御敷地への階段です。
伊勢神宮 内宮36

御贄調舎です。
伊勢神宮 内宮37
御贄調舎とは、内宮の三節祭のとき、神饌の鰒(アワビ)を調理する儀式がなされるところです。

伊勢神宮 内宮38

御正殿はこの階段から先は撮影禁止となっています。
伊勢神宮 内宮43

伊勢神宮 内宮41

伊勢神宮 内宮42
皇大神宮のご祭神は、天照坐皇大御神 (あまてらしますすめおおみかみ、天照大御神)
相殿神として天手力男神 (あめのたぢからおのかみ)、万幡豊秋津姫命 (よろづはたとよあきつひめのみこと)でいらっしゃいます。

最初、天照大御神は宮中でお祀りされていましたが、崇神天皇のときに国内に疫病が発生し、神と共に住まうことは穏やかではないとして、皇女の豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)にご神体を託して倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)に祀られました。
その後垂仁天皇の時に御杖代として倭姫命(やまとひめのみこと)が大御神の御遷座地を求めて遷幸にでられ、伊勢の国まで来たところで、天照大御神からのご神託により御遷座地として定まりました。




調べた資料によるとこの辺りに籾だね石があるはずなのですが、どうしても見つかりませんでした。
伊勢神宮 内宮44




明日は別宮へと進みます。





本日も皆様にとっていい一日となりますように。




テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

三重県 | コメント:2 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

伊勢神宮 内宮 その2

さて、内宮の続きです。

二の鳥居です。
伊勢神宮 内宮22

鳥居をくぐると左手に内御厩がありました。
伊勢神宮 内宮23

神楽殿です。
伊勢神宮 内宮24

五丈殿が手ぶれですみません。
伊勢神宮 内宮25

御酒殿です。
伊勢神宮 内宮26

伊勢神宮 内宮27

由貴御倉です。
伊勢神宮 内宮28

伊勢神宮 内宮29
蕃塀(ばんぺい)って初めて見ました。

忌火屋殿です。
伊勢神宮 内宮30

伊勢神宮 内宮31

伊勢神宮 内宮32

御稲御倉でしょうか。
伊勢神宮 内宮33



さて、明日はいよいよ御正殿へと進みます。





本日も皆様にとっていい一日となりますように。










テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

三重県 | コメント:0 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。