杜を訪ねて

神社めぐりと出会った獅子・狛犬たちへの想いについて。また、時にはモノローグも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

青柳稲荷神社(国立市青柳)

1月11日、21社目。

本日のご紹介は青柳稲荷神社です。
青柳稲荷(国立市青柳)1

扁額です。
青柳稲荷(国立市青柳)2

鳥居の横に元青柳村の常夜燈がありました。
青柳稲荷(国立市青柳)3

青柳稲荷(国立市青柳)4

二の鳥居です。
青柳稲荷(国立市青柳)18

青柳稲荷(国立市青柳)5

扁額です。
青柳稲荷(国立市青柳)6

手水舎です。
青柳稲荷(国立市青柳)7

三の鳥居から拝殿を望む。
青柳稲荷(国立市青柳)8

扁額です。
青柳稲荷(国立市青柳)9

お狐様です。
青柳稲荷(国立市青柳)12  青柳稲荷(国立市青柳)11

拝殿です。
青柳稲荷(国立市青柳)13

青柳稲荷(国立市青柳)14

扁額です。
青柳稲荷(国立市青柳)10

本殿です。
青柳稲荷(国立市青柳)15

ご由緒書きです。
青柳稲荷(国立市青柳)16


どんど焼の準備でしょうか。
青柳稲荷(国立市青柳)17




明日は今回のラストです。




本日も皆様にとっていい1日となりますように。





スポンサーサイト

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

国立市 | コメント:6 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

矢川稲荷大明神(国立市谷保)

1月11日、20社目。

本日のご紹介は矢川稲荷大明神です。
矢川稲荷大明神(国立市谷保)7

鳥居です。
矢川稲荷大明神(国立市谷保)1

お社です。
矢川稲荷大明神(国立市谷保)2

矢川稲荷大明神(国立市谷保)6

扁額です。
矢川稲荷大明神(国立市谷保)3

鈴がこのようにお社の中にあり
矢川稲荷大明神(国立市谷保)4

この紐を引っ張って鳴らすようになっていました。
矢川稲荷大明神(国立市谷保)5
鈴の盗難除けでしょうか。





本日も皆様にとっていい1日となりますように。






テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

国立市 | コメント:0 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

神明宮(国立市谷保)

1月11日、19社目。

本日のご紹介は神明宮です。
神明宮(府中市四谷)1

お社です。
神明宮(府中市四谷)2

神明宮(府中市四谷)3

末社です。
神明宮(府中市四谷)4

神明宮(府中市四谷)6

神輿庫です。
神明宮(府中市四谷)5

神明宮(府中市四谷)7

ご由緒書きです。
神明宮(府中市四谷)8



本日も皆様にとっていい1日となりますように。





テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

国立市 | コメント:1 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン

谷保天満宮(国立市谷保)

さて、今回のご紹介は、谷保天満宮です。(やぼてんまんぐう と読みます。)
1

3

二の鳥居と狛犬さんです。
2

狛犬さん(昭和56年奉献)
7 8

手水舎です。
4

5

狛犬さん(平成21年奉献)
9 10

11 12

13 14
 
15 16
まだ生まれて間もない狛犬さんですが、年若い狛犬さんの割には私の好みです。


末社の稲荷神社への参道です。
6

ここで事件が起こりましたぁ。!! 

17
こちらの神社は鶏が放し飼いにされていて、最初にお伺いした時にはちょっとびっくりしたのですが、今回稲荷神社にお参りしようとしたら…

18

19

21

こんな感じで足元にワラワラと鶏と鳩まで集まってきてしまい、ヒッチコックの「鳥」のようでかなり怖かったです。多分餌が欲しかったんでしょうがさすがに10羽以上が自分を目指してくると、ビビる大木です。


(気を取り直して) こちらの参道は少し変わっていて、社殿に向かって下に降りていく形になります。

上から見ると
22

下から見上げると
23

参道途中からは (わかりにくいかも知れませんが、画面中央やや上に拝殿が見えます。)
24

参道を降りた横には滝が。
25

筆塚です。
26

神楽殿です。
27

参道から拝殿をのぞんで
28

なで牛さまです。
29

30

31

もう1つ、なで牛さまです。
36


なで牛さまをみていて、さっきの鶏がまた気になりました。(天満宮の神使は牛だよなぁ。鶏が神使なのは確か伊勢神宮だったと思ったんだけど。)
調べてみると、神宮にも鶏が放し飼いになっているそうで、(他にもありましたが)

だとしたら天満宮には牛が放し飼い……

はさらに怖いので、考えるのをやめにしました。


絵馬が鈴なりです。
40

狛犬さん(明治21年奉献)
41 42

43 44

46 45

47 48

本殿です。
32

37

38
39

拝殿と本殿です。
33

34

末社(稲荷・妙義・日吉・熊野・天照皇大神宮)
35
 
49 50

梅園です。
51

52

53

54 55


今回、谷保天満宮を選んだ理由について、少しだけ述べさせて下さい。
こちらに参拝したのが3月12日、地震の翌日でした。
第1の理由が、今回の地震の影響で、試験が延期になってしまった受験生の方に、改めて臨まれる試験に対して、ご自分の実力が発揮できるようにお祈りをしたかったからです。
そう思い立たせたのが第2の理由で、私の次男が高校受験の日、施設トラブルにより鉄道の事故があり、遅れてくる受験生の為に、試験の開始時間を遅らせた事がありました。幸い次男は電車は関係なかったのですが、試験の開始時間が遅れたことで、万全な気持ちでは臨めなかったようです。(お陰様でその高校には受かり、現在通っています。)
その次男も4月からは高校3年、来年はまた受験です。それまで頑張った事がこの様なトラブルで、影響を被らないで済むように、天神様にお祈りをさせていただきました。

受験生の皆さん、ぜひ春がくる事をお祈り申し上げます。


テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

国立市 | コメント:6 | トラックバック:0 |
各ランキングに参加中。お気に召したら各々ポチッとお願いします。 web拍手 by FC2 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
Twitterボタン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。